スポンサーサイト

--.--/--/-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 :Comment(-) :Trackback(-)

ただいまっ♪

2012.02/24/Fri 23:09:15
       オーストラリア大陸のほぼ中央、砂漠の中に鎮座する
ウルル・カタジュタ(エアーズロック)世界遺産でもあります。

a6.jpg
「神々が宿る聖なる地」と崇め続けられているウルル


a2.jpg
「風の谷」の別名を持つ神秘のカタジュタ

世界最大の一枚岩のウルル!その大自然の迫力といったら凄い!!そして気温は43℃と暑いけど湿度が低いので過ごしやすいといえば過ごしやすいですが、乾燥をかなりするので水分補給や肌の保湿にはとにかく気を付けないといけません


ウルルを見た時、心の中では「このウルルに登れるんだぁ~!」「カタジュタを散策できるんだ~!楽しみっって思っていました。

カタジュタ(公園)散策はできましたが・・・
しかしウルルに登る事は出来ませんでした・・・
このウルルの周辺には2万年以上も前から先住民族“アボリジニ”が暮らしてきた場所で、この聖なる地に入ってきてましてや登る事を快く思っていないそうです。
そしてこの山で約40名の方が亡くなり、怪我をした人も多く、先住民達はそうした事をとても悲しく思い自分達を責めているそうです。

a16.jpg
白い部分が登山道です。登るといっても最初這いつくばって70m程自力で上がり、その後は鎖を握って急な岩(ウルル)を登っていくのです。登山口で感じる風は、頂上だと10倍もの風力に変わるそうで・・・タナカナが訪れた2日間風が強いとの事で登山口は開かれませんでした。ちなみに1月は5回、2月は3回しか登山口は開かなかったそうです。

a15.jpg

また登山口には「命を大事にしましょう!登らないで下さい」という看板が立っています。


今あなたが登ろうとしているのは非常に重要な聖地です・・・のぼってはいけません。
この場所の本当の意義は登ることにはありません。
本当の意義はすべてのことに耳を傾けることにあります・・・これが正しいことです。
「登らない」こと、これがあるべき姿です。


          ・
          ・
          ・
          ・
看板には先住民の方の想い&それでも登る人への注意事項などが書かれてありました。


知らなかった・・・
簡単に登れるものだと思ってました。胸躍らせてました。
そんな気持ちでいたので、神様がお許しにならなかったのかもしれません・・・。


写真を撮ってはいけない場所も沢山あります!
もし、ウルルに行かれる方がいたら!必ずルールを守って気を付けて行って頂けたらと思います

a1.jpg
唯一、ウルルに触れていい場所で
もの凄く強いパワーを感じましたぁ~


a3.jpga5.jpg
ホテル周辺には野生動物がいっぱいで感動







ウルルからゴールドコーストへ
a21.jpga71.jpga8.jpga22.jpg
1歳のコアラちゃんはフワフワマイペースなカンガルービーチ沿いのナイトマーケットは歩くだけで楽しい

大自然に動物達にとっても癒されたオーストラリアでした






スポンサーサイト
未分類Comment(0)Trackback(0)
Trackback URL
http://sunnymama.blog9.fc2.com/tb.php/1043-fc25b288
name
title
mail
url

[     ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。